ANA B737-500 (1995〜)


本文へジャンプ
機種概要

B737-500は、アメリカのボーイング社が開発した小型双発機B737シリーズの第2世代にあたるモデルである。
ボーイングは、ライバルであるエアバスのA320やマクドネルダグラスのMD-80に対抗するため、B737を大幅に改良して「新世代モデル」の300〜500型を開発した。
エンジンを新開発のCFM56に変更して騒音を低減し、コクピットもハイテク化されたグラスコクピットになっている。
胴体は200型からストレッチせず、新世代737で最小モデルとなる120席クラスの機材だ。
小型で機体重量が軽い分パワーウェイトレシオに優れ、B737シリーズでも飛び抜けた離着陸性能を誇る。
国内の機材では採用されていないが、燃料タンクをフルに使うと5000kmを超える航続性能を持ち、海外ではウィングレットを取り付けた例もある。

日本では、1995年からエアーニッポンがB737-200の後継として同じ126席仕様で16機を導入した。
低騒音と短距離離着陸の性能を生かして、YS-11路線のジェット化にも貢献している。
現在では、B737の生産は「新世代モデル」から「次世代モデル」の737-600〜900に移行している。
そのため、エアーニッポンでは16機の自社導入が終わった後もリースにより機材を増強し、最盛期は25機体制で運航していた。
これら9機のリース機(350番台)はオーディオシステムを搭載しないほか、一部に座席数の多い機体があるなど違いがある。
現在は運航がANAウイングス(AKX)に移管され、B737-700/800やQ400とともにANAグループローカル線の主力になっている。
後継機となるMRJ90の生産が遅れ就航の目処が立たない中、リースしていたエアドゥ(ADO)から5機を呼び戻すなどしてフリート規模は維持されている。


全日空 B737-500
BOEING B737-54K (JA 8404) 現行塗装

フリートリスト
登録記号 型式 製造番号 登録年月 抹消年月 座席仕様 備考
JA 8195 B737-54K 27433/2815 1996.09 2017.05 売却 現ユニカルアビエーション N679UA
JA 8196 B737-54K 27966/2824 1996.10
2014.03
2009.03
2018.05
2009.03-2014.03 エアドゥにて運航後、復帰
売却 現ユニカルアビエーション N680UA
JA 8404 B737-54K 27381/2708 1995.04
2013.01
2008.01
 2016.08
2008.01-2013.01 エアドゥにて運航後、復帰
アメリカで整備保存
JA 8419 B737-54K 27430/2723 1995.07 2016.06 アメリカで整備保存
JA 8500 B737-54K 27431/2751 1995.09 2017.01 売却 現ユニカルアビエーション N569UA
JA 8504 B737-54K 27432/2783 1996.05
2015.03
2008.09
 2018.06
2008.09-2015.03 エアドゥにて運航後、復帰
売却 現ユニカルアビエーション N681UA
JA 8595 B737-54K 28461/2850 1997.02
2016.01
2008.11
Y126 2008.11-2016.01 エアドゥにて運航後、復帰
JA 8596 B737-54K 28462/2853 1997.02 2017.10 アメリカで整備保存
JA 300K B737-54K 27434/2872 1997.05
2016.01
2008.05
Y126 2008.05-2016.01 エアドゥにて運航後、復帰
JA 301K B737-54K 27435/2875 1997.05
2014.03
2009.09
Y126 2009.09-2014.03 エアドゥにて運航後、復帰
JA 302K B737-54K 28990/3002 1998.03 Y126
JA 303K B737-54K 28991/3017 1998.04 Y126
JA 304K B737-54K 28992/3030 1998.04 2018.10 売却 現ユニカルアビエーション N678UA
JA 305K B737-54K 28993/3075 1998.10
2014.12
2011.03
 
Y126 2011.03-2014.12 エアドゥにて運航後、復帰
JA 306K B737-54K 29794/3109 1999.05 Y126
JA 307K B737-54K 29795/3116 1999.07 Y126 製造最終号機
JA 351K B737-5Y0 25189/2240 2000.06 2011.03 購入 リオサル PT-SLV 1992年製造
フランスで部品取り解体
JA 352K B737-5Y0 26097/2534 2000.08 2012.09 購入 リオサル PT-SLP 1993年製造
アメリカで部品取り解体
JA 353K B737-5Y0 26104/2552 2001.03 2014.01 購入 リオサル PT-SLS 1993年製造
アメリカで整備保存
JA 354K B737-5Y0 26105/2553 2001.02 2013.07 購入 リオサル PT-SLT 1993年製造
アメリカで部品取り解体
JA 355K B737-5L9 28129/2823 2001.06 2012.02 購入 マースク航空 OY-APC 1996年製造
アメリカで部品取り解体
JA 356K B737-5L9 28083/2784 2001.10 Y126 購入 マースク航空 OY-APA 1996年製造
JA 357K B737-5L9 28131/2828 2002.02 Y126 購入 マースク航空 OY-APG 1996年製造
JA 358K B737-5L9 28130/2825 2002.04 2018.10 購入 マースク航空 OY-APD 1996年製造
売却 現ユニカルアビエーション N692UA
JA 359K B737-5L9 28128/2817 2002.05 Y126 購入 マースク航空 OY-MAF 1996年製造

スペック
B737-500
全長 31.0 m
全幅 28.9 m
全高 11.1 m
巡航速度 810 km/h
航続距離 2,000 km
最大離陸重量 53.0 t
エンジン CFMI CFM56-3C1 9,070 kg ×2 CFMI CFM56-3B1 9,070 kg ×2
座席数 Y126 Y133

塗装バリエーション
エアーニッポン B737-500
BOEING B737-54K (JA 8419) エアーニッポン

写真(工事中)
Part 1 (JA 8404, 8419, 8500, 8504)
Part 2 (JA 8195, 8196, 8595, 8596)
Part 3 (JA 300K, 301K, 302K, 303K)
Part 4 (JA 304K, 305K, 306K, 307K)
Part 5 (JA 351K, 352K, 353K)
Part 6 (JA 354K, 355K, 356K)
Part 7 (JA 357K, 358K, 359K)

参考文献

「ANA SKY STORY」 イカロス出版, 2009年
「日本のエアライン2008-2009」 イカロス出版, 2008年
「新・旅客機型式シリーズ3 日本のBoeing 737」 イカロス出版 2008年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2018 T.Takahashi All Rights Reserved.