APJ A320-200 (2011〜)


本文へジャンプ
機種概要

A320は、ヨーロッパのエアバスインダストリーがボーイングB737やマクドネルダグラスMD-80に対抗すべく新規開発した小型双発機だ。
B737や同じフランスのダッソー・メルキュールと同様に、2基のエンジンは主翼下に取り付けられたウィングマウント方式となっている。
操縦システムはA300から大幅に進化し、完全に電子化されたフライバイワイヤが導入された。
操縦輪はサイドスティックに置き換えられ、操縦資格は大型機のA330/340や超大型機のA380と共通化された。

2011年にはANAが中心となって出資し設立した格安航空会社であるピーチアビエーション(APJ)の初号機が納入された。
ANA仕様とは異なりオールエコノミー180席の高密度配置が採用され、3機のフリートで関西国際空港を拠点に2012年3月から就航した。
エンジンは中距離国際線への投入も見越してハイパワーのCFM56-5B4を搭載している。
関西国際空港にはピーチ専用の第2ターミナル(現在は拡張に伴って各社が使用)が完成するなどバックアップ体制も整い、順調に路線とフリートを伸ばしている。
その後は那覇や仙台、千歳にも拠点を設置して路線網を広げ、2019年10月末からは同じくANA系LCCのバニラエアを吸収して一挙に拡大する予定だ。


ピーチアビエーション A320
AIRBUS A320-214 (JA 801P) 現行塗装

フリートリスト
登録記号 型式 製造番号 登録年月 抹消年月 座席仕様 備考
JA 801P A320-214 4887 2011.11 2019.05 Peach Dream
売却 現エアバス F-WXAP
JA 802P A320-214 4936 2011.12 Y180
JA 803P A320-214 5015 2012.02 Y180
JA 804P A320-214 5166 2012.06 Y180
JA 805P A320-214 5304 2012.10 Y180 元「MARIKO JET」
JA 806P A320-214 5384 2012.11 Y180 VIONETTA RUNE
JA 807P A320-214 5440 2013.01 Y180 元「ルネ」
JA 808P A320-214 5540 2013.04 Y180 元「ルネ」
JA 809P A320-214 5640 2013.06 Y180 元「ルネ」
JA 810P A320-214 5724 2013.08 Y180 Wing of TOHOKU
JA 811P A320-214 5874 2013.12 Y180
JA 812P A320-214 6004 2014.03 Y180
JA 813P A320-214 6107 2014.06 Y180
JA 814P A320-214 6335 2014.11 Y180
JA 815P A320-214 6640 2015.06 Y180 元「ケツメイシ」
JA 816P A320-214 6674 2015.07 Y180 ShopPeach
元「艦これ」
JA 817P A320-214 6824 2015.11 Y180 元「Volkswagen」
JA 818P A320-214 7370 2016.10 Y180
JA 819P A320-214 7701 2017.06 Y180
JA 820P A320-214 7971 2017.12 Y180
JA 821P A320-214 8396 2018.08 Y180
JA 822P A320-214 8504 2018.12 Y180
JA 823P A320-214 8646 2018.12 Y180
JA 824P A320-214W 8835 2019.03 Y180
JA 825P A320-214 8847 2019.04 Y180
JA 827P A320-214 8986 2019.06 Y180
JA 828P A320-214 9081 2019.07 Y180
JA 04VA A320-214W 6257 2014.09
2019.07
2019.04
Y180 旧VNL導入機

スペック
A320-200
シャークレット有
A320-200
シャークレット無
全長 37.6 m
全幅 35.8 m 34.1 m
全高 11.8 m
巡航速度 840 km/h
航続距離 6,100 km
最大離陸重量 77.0 t
エンジン CFMI CFM56-5B4
12,250 kg ×2
座席数 Y180

写真(工事中)

参考文献

「日本のエアライン2013-2014」 イカロス出版, 2013年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2019 T.Takahashi All Rights Reserved.