JAL B777-300 (1998〜) / 300ER (2004〜)


本文へジャンプ
機種概要

B777-300は、ボーイングが開発した「世界最大の双発機」である。
本機種が登場するまでは世界最大だったB777-200の胴体をなんと10m以上も延長することで、さらなるキャパシティ増加を図った。
胴体が長くなったことで非常ドアも片側5個に増設されているので、B777-200とは容易に見分けがつく。
また、300ER型は300型をベースに新型エンジンをはじめとする大改修を加え,最大の課題だった航続性能を飛躍的に改良したモデルだ。
これが功を奏し、近距離大量輸送が見込めるアジア地域以外の発注がなかった300型に対し、300ER型は世界中のエアラインから発注を集める人気機種となっている。

JALグループでも、老朽化が進むB747SRの代替機として1998年から300型を1998年からフリートに加えた。
B777-200に引き続き「スタージェット」の愛称で5機がまず導入され、羽田−新千歳・伊丹・福岡・那覇をはじめとする国内線の幹線・準幹線で就航した。
旧JAS(日本エアシステム)でもフラッグシップとなるべく2機を発注していたが、JALへの統合が決まり2003年にJAL統一仕様で納入された。
そのため、ボーイング機として初めてエアバスレインボーをまとった「B777-389」の誕生は幻となってしまった。
現在は、この旧JAS発注機2機を合わせて7機の体制で国内線の中心機材として活躍している。
座席数はANAの同機種よりはわずかに少ない500席ちょうどで、名実ともにジャンボに匹敵する輸送力を持つ。
2004年からは、ローンチカスタマーとなっていた300ER型がデビューし、モンスターツインが初めて国際線に翼を広げることとなった。
フリート規模も瞬く間に国内線機材を上回る10機まで成長し、2013年にはキャビンリニューアル機材「スカイスイート777」が登場した。
JALの象徴だったB747-400を貨物機改修そして退役へと追いやり、300ER型はフラッグシップの地位を確固たるものとしている。


日本航空 B777-300
BOEING B777-346 (JA 8943) 現行塗装

フリートリスト
登録記号 型式 製造番号 登録年月 抹消年月 座席仕様 愛称 備考
JA 8941 B777-346 28393/152 1998.07 2015.06 レグルス アメリカで整備保存
元「コブクロジェット」
元「ワンワールド加盟記念」
元「悟空ジェット」
元「がんばれニッポン2004」
JA 8942 B777-346 28394/158 1998.08 2015.04 スピカ アメリカで整備保存
元「がんばれニッポン2014」
JA 8943 B777-346 28395/196 1999.03 2016.01 アークトゥルス アメリカで整備保存
JA 8944 B777-346 28396/212 1999.04 P78 Y422 (W24) アンタレス
JA 8945 B777-346 28397/238 1999.08 P78 Y422 (W24) デネブ 元「がんばれニッポン2008」
元「サムライブルー2006赤」
JA 731J B777-346ER 32431/429 2004.06 F8 C49 P40 Y147 (W84) 元エコジェット
元「ようこそジャパン」
JA 732J B777-346ER 32430/423 2004.07 F8 C49 P40 Y147 (W84) ワンワールド
元「サムライブルー2006青」
300ER型製造1号機
JA 733J B777-346ER 32432/521 2005.06 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 734J B777-346ER 32433/527 2005.07 F8 C49 P40 Y147 (W84) エコジェット
JA 735J B777-346ER 32434/577 2006.07 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 736J B777-346ER 32435/583 2006.08 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 737J B777-346ER 36126/668 2007.10 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 738J B777-346ER 32436/724 2008.06 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 739J B777-346ER 32437/736 2008.08 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 740J B777-346ER 36127/744 2008.08 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 741J B777-346ER 36128/812 2009.09 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 742J B777-346ER 36129/816 2009.10 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 743J B777-346ER 36130/821 2009.10 F8 C49 P40 Y147 (W84)
JA 751J B777-346 27654/458 2003.11 P78 Y422 (W24)
JA 752J B777-346 27655/460 2003.11 P78 Y422 (W24) ワンワールド
元「チームマイナス6%」

スペック
B777-300ER (国際線) B777-300 (国内線)
W84 W23/W24
全長 73.9 m
全幅 64.8 m 60.9 m
全高 18.5 m
巡航速度 905 km/h
航続距離 12,600 km 3,210 km
最大離陸重量 340.2 t 237.0 t
エンジン GE GE90-115B 52,160 kg ×2 PW PW4090 40,800 kg ×2
座席数 244
(F8 C49 P40 Y147)
500
(P78 Y422)

塗装バリエーション
日本航空 B777-300
BOEING B777-346 (JA 8942) 旧塗装

日本航空 B777-300
BOEING B777-346 (JA 8941) 旧々塗装


写真(工事中)

Part 1 (JA 8941, 8942, 8943, 8944)
Part 2 (JA 8945, 751J, 752J, 731J)
Part 3 (JA 733J, 734J, 735J)


参考文献

「JAL JET STORY」 イカロス出版, 2009年
「日本のエアライン2008-2009」 イカロス出版, 2008年
「新・旅客機型式シリーズ1 日本のBoeing 777」 イカロス出版 2008年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2016 T.Takahashi All Rights Reserved.