Cargo Master 〜日本貨物航空機材紹介〜


本文へジャンプ
航空会社概要

日本で唯一の国際貨物専門エアライン、NCA日本貨物航空。
1978年に日本郵船とANAの共同出資で設立され、B747-200Fを使用して1985年から運航を始めた。
その後増え続ける航空貨物需要に対応する形でフリートの増強と新世代化を推し進め、現在はB747-400FとB747-8Fの混成となっている。
ボーイングの最新型ジャンボB747-8についてはローンチカスタマーに名乗りを上げ、2012年から納入が始まった。
塗装こそANAの面影を残しているが、2005年には日本郵船の連結子会社となる形でANAグループからは離脱し独立エアラインとして運航中。


2レターコード: KZ
3レターコード: NCA
コールサイン: Nippon Cargo (ニッポンカーゴ)

日本貨物航空 B747-8F

フリート一覧
メーカー 機種 就航期間 現役 国内
移籍
海外
売却
事故
抹消
合計
BOEING B747-8F 2012〜 8 0 0 0 8
BOEING B747-400F 2005〜 4 0 6 0 10
現役機種合計 12 0 6 0 18
BOEING B747-200F
B747SRF
1984〜2008
1993〜2006
0
0
0
0
10
1
0
0
10
1
総計 12 0 17 0 29
※受領繰り延べによるリース貸し出しは海外売却に含む。

参考文献

「日本のエアライン2008-2009」 イカロス出版, 2008年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2017 T.Takahashi All Rights Reserved.