地域航空会社機材紹介


本文へジャンプ
概要

日本にはジェット機を運航する大手・新規系航空会社の他にも、プロペラ機で地域密着型の運航を行うエアラインがある。
現在運航を行っているのがオリエンタルエアブリッジ(長崎)、天草エアライン(熊本)、新中央航空(東京)、第一航空(沖縄)、新日本航空(新潟)の5社だ。
ここでは離島などの航空路線が不可欠なエリアで住民の足を守る、頼もしいエアラインの機材を解説する。

オリエンタルエアブリッジ DHC-8

フリート一覧
航空会社 メーカー 機種 就航期間 現役 国内
移籍
海外
売却
事故
抹消
合計
AHX ATR ATR42-600 2015〜 1 0 0 0 0
ORC
AHX
BOMBARDIER DHC-8-200
DHC-8-100
2001〜
1999〜2016
2
0
0
0
0
1
0
0
2
1
CUK
IIA
FAIRCHILD DORNIER Do-228 1999〜
2001〜2002
6
0
0
0
0
1
0
0
6
1
FFC VIKING AIR DHC-6-400 2015〜 2 0 0 0 2
FFC
NJA
CUK
ORC
KOK
ADC
B-N GROUP BN-2A/2B 2009〜
2011〜
1972〜
1979〜2006
1995〜2008
1991〜2009
0
1
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
3
0
8
8
2
2
0
0
0
1
0
0
3
1
9
9
2
3
TSQ
ORJ
RAYTHEON BEECH 1900D
1900C-F
2004〜2009
2003〜2004
0
0
0
0
3
4
0
0
3
4

参考文献

「日本のエアライン2010-2011」 イカロス出版, 2010年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2017 T.Takahashi All Rights Reserved.