Mother Comet 〜スターフライヤー機材紹介〜


本文へジャンプ
航空会社概要

2006年3月、新規参入4社目として羽田−新北九州に就航したスターフライヤー。
他の3社がB767やB737といったボーイング機を導入したのに対し、スターフライヤーが選んだのはエアバスA320。
機体カラーは「母なる彗星」というコンセプトのもとに、落ち着いたブラックでまとめられて精悍な印象がある。
現在は北九州線に加えて羽田−関西線を運航し、今後のフリート増強と路線拡張が楽しみなエアラインだ。


2レターコード: 7G
3レターコード: SFJ
コールサイン: Star Flyer (スターフライヤー)

スターフライヤー A320

フリート一覧
メーカー 機種 就航期間 座席数
(国内線)
現役 国内
移籍
海外
売却
事故
抹消
合計
AIRBUS A320-200 2005〜 150 10 0 4 0 14
総計 10 0 4 0 14
※同一エアラインでの貨物機改修は国内移籍に含む。

参考文献

「日本のエアライン2008-2009」 イカロス出版, 2008年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2017 T.Takahashi All Rights Reserved.