SJO B737-800 (2013〜)


本文へジャンプ
機種概要

B737-800は、ボーイング史上空前のベストセラーとなっている小型双発機B737シリーズの中心となる機種である。
現在生産されている600〜900型は「次世代(Next Generation)737」と呼ばれ,これまでのB737シリーズをベースにコクピットやキャビン,主翼,エンジンなど大幅に新設計したシリーズとなっている。
800型はその中で大きい方から2番目にあたるモデルで、キャパシティはB737-400の後継にあたる170席クラス。
これまでに販売された次世代737の半分以上を本機種が占めることからも、いかに世界中のエアラインで人気機種となっているかが分かる。
翼端のブレンディッドウィングレットはオプションであるが、現在では大半のエアラインが納入時もしくは後付けで採用しており「次世代737のトレードマーク」となりつつある。

2012年に中国の大手LCCである春秋航空が中心となって「春秋航空日本」が設立され、国内LCC市場へ参入することとなった。
春秋航空の本体はA320を採用しているが、日本での乗務や整備などに関わる人材確保の観点から本機種を選定して独自運航となる。
一番機は2013年7月に到着して乗員訓練など就航準備を進め、2014年8月に成田空港から3路線で初就航した。
機体デザインも本体とは異なり、コーポレートカラーであるグリーンを3色のグラデーションで塗り分け、ワンポイントに桜をあしらっている。
今後は機材を増強し、本体の日本路線とも協調していく形で路線を広げていく計画になっている。


春秋航空日本 B737-800
BOEING B737-81DW (JA 01GR) 現行塗装

フリートリスト
登録記号 型式 製造番号 登録年月 抹消年月 座席仕様 備考
JA 01GR B737-81DW 39429/4413 2013.07 Y189
JA 02GR B737-86NW 41256/4714 2013.12 Y189
JA 03GR B737-86NW 41272/4819 2014.03 Y189
JA 04GR B737-8AL/W 61776/6223 2017.01 Y189
JA 05GR B737-8AL/W 61783/6436 2017.06 Y189
JA 06GR B737-8AL/W 61798/6453 2017.06 Y189

スペック
B737-800
全長 39.4 m
全幅 35.8 m
全高 12.5 m
巡航速度 850 km/h
航続距離 5,660 km
最大離陸重量 74.2 t
エンジン CFMI CFM56-7B26E
11,930 kg ×2
座席数 Y189

写真(工事中)

参考文献

「日本のエアライン2014-2015」 イカロス出版, 2014年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2017 T.Takahashi All Rights Reserved.