輝ける星 〜スカイマーク機材紹介〜


本文へジャンプ
航空会社概要

日本初の「格安航空会社」スカイマークは、垂直尾翼に光り輝くポールスターが目印だ。
新規参入の規制緩和に伴って大手旅行会社HISが中心となって設立し、1998年に羽田−福岡線で運航を始めた。
就航当初は300席クラスのボーイングB767-300であったが、現在は小型のB737-800へと切り替えフリートを拡充している。
そして2014年からは幹線向けに再び中型機としてA330-300を全席プレミアムエコノミーで導入している。


2レターコード: BC
3レターコード: SKY
コールサイン: Skymark (スカイマーク)

スカイマーク A330-300

フリート一覧
メーカー 機種 就航期間 座席数
(国内線)
現役 国内
移籍
海外
売却
事故
抹消
合計
BOEING B737-800 2005〜 177 26 0 7 0 33
現役機種合計 26 0 7 0 33
AIRBUS A330-300 2014〜2015 271 0 0 5 0 5
BOEING B767-300ER 1998〜2009 309 0 0 6 0 6
BOEING B767-200 2003〜2004 234 0 0 1 0 1
総計 26 0 19 0 45
※同一エアラインでの貨物機改修は国内移籍に含む。

参考文献

「日本のエアライン2008-2009」 イカロス出版, 2008年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2015 T.Takahashi All Rights Reserved.