Seed of Smile 〜ソラシドエア機材紹介〜


本文へジャンプ
航空会社概要

2002年に、スカイマークと北海道国際航空に続いて国内の航空業界に参入したスカイネットアジア航空。
先行する2社が中型のボーイングB767-300を使って幹線に就航したのに対し、小型のB737-400でローカル線の東京−宮崎に就航した。
ピンク・黄色・緑・紫といったトロピカルカラーで太陽とヤシの木をあしらったスカイネットアジア航空機は、瞬く間に羽田で宮崎で人気者になった。
2011年7月、新機材B737-800の導入に合わせて社名を「ソラシドエア」に変えて、さらなる躍進を目指す。


2レターコード: 6J
3レターコード: SNJ
コールサイン: New Sky (ニュースカイ)

ソラシドエア B737-800

フリート一覧
メーカー 機種 就航期間 座席数
(国内線)
現役 国内
移籍
海外
売却
事故
抹消
合計
BOEING B737-800 2011〜 174 12 0 0 0 12
BOEING B737-400 2002〜2014 150 0 0 12 0 12
総計 12 0 12 0 24
※同一エアラインでの貨物機改修は国内移籍に含む。

参考文献

「日本のエアライン2008-2009」 イカロス出版, 2008年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2015 T.Takahashi All Rights Reserved.