Red Dragon 〜エアアジアジャパン(II)機材紹介〜


本文へジャンプ
航空会社概要

2012年にピーチアビエーション、ジェットスタージャパンに続いてLCCとして日本の空に参入したエアアジアジャパン。
マレーシアの大手LCCであるエアアジアとANAの合弁により設立されたが、わずか2年足らずで経営方針を巡って対立し合弁解消となった。
ANA側は独自ブランド「バニラエア」として再スタートを切った一方、エアアジア側も日本市場を諦めず楽天などと協業して帰ってきた。
2015年の初号機納入から紆余曲折の末、ついに2017年にセントレアを拠点に再就航を果たしフリート・路線ともに伸ばしていく。


2レターコード: DJ
3レターコード: WAJ
コールサイン: Wing Asia (ウイングエイジア)

ピーチアビエーション A320

フリート一覧
メーカー 機種 就航期間 座席数
(国内線)
現役 国内
移籍
海外
売却
事故
抹消
合計
AIRBUS A320-200 2012〜2013
2015〜
180 2 0 5 0 7
総計 2 0 5 0 7
※旧エアアジアジャパン(I)の機材を含む。

参考文献

「日本のエアライン2013-2014」 イカロス出版, 2013年


ご注意

写真・イラストについては著作権のみ保持しますが、利用についての制限は設けません。
正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、誤りがあれば報告していただければ幸いです。


   Copyright (C) 2002-2018 T.Takahashi All Rights Reserved.